ザリーとお茶を

「減塩料理」編、始まりました!

Category: BALI

バリのホテルで。
その日、夫は散歩から帰って来ると言いました。
「今日『ブンブンダンス』があるんだって。」
「ブンブンダンス?なにそれ。」
「そこで会ったホテルの従業員が言ってた。
 ブンブンダンスがあるから見に来ないかって。」
「ブンブンダンスなんて(-m-)聞き間違いじゃないの?」

そういえば、部屋にチラシが置いてあります。
「日曜日の夜は出かけないでください
 バリ伝統の踊りを見ながらディナーはいかがですか」
でもブンブンダンスじゃなくてレゴンダンスって書いてあるけど?

Bali豚の丸焼きたまにはホテルの食事もいいですね、
それに安いし。。。ということで、
早くからステージ近くの席を予約、
夫は豚の丸焼きのお手伝いをしながら
おいしい料理とレゴンダンス♪
(どこからブンブンダンスなんて出てきたのよ・・・(ーー;)



ダンスが終わり
「よかったらステージに上がっていっしょにお写真をどうぞ!」
というアナウンスが・・・終わるか終わらないかといううちに
敷地の外から様子をうかがっていた東南アジア系のお母さんが
娘の手をひいて、つむじ風のごとく柵を乗り越え、
いの一番にステージに娘を上げ、
いくつものポーズをさせて何枚も写真を撮ると、
またつむじ風のように去っていきました・・・・

Bali Legongどこの国でもお母さんは
ディナー代なんか払わなくっても、
子供のためにいい思い出が残せて・・・・(笑)
ものすごい素早さでもって、
要領のいい人っているもんなんですねぇ。

私たちはのバリ旅行は
とりあえずパッケージツアーで航空券とホテルを予約して
そのホテルを足場にしてあちこち旅をしたものです。
あるいは友人宅に泊めてもらったりもしました。

バンブーソファに座っていると、時間は止まっているようです。
でも、それ以外は生きていて、動いています。
まるで東京とは反対です。

椰子の葉が風に揺れているのが見えます。
竹細工の風鈴が風に揺れているのが聞こえます。
むせるような花の香り。
大好きなプルメリアの香り。
コントラストのはっきりした自然の色。

夜になると、波の砕ける音が聞こえてきます。
露天のお風呂場で、水玉柄のイモリがカタカタと鳴き
じっと目が合うと逃げていきます。

土の匂いと雨の匂いと若葉の匂い。
太陽の光は肌に痛く
床のタイルが素足に心地よい。

バンブーソファでぼんやりしながら
5感は自然から刺激を受けています。

一日中、高台から海を眺め、
あるいは椰子のジャングルに目を奪われ
「時間よとまれ、おまえは美しい」
ファウストの声が聞こえてきそう。

Can you imagine?

Bali E-rumah
友人宅
壁はありません。
もちろんトイレにも。
夜になると、大きなすだれを下ろします。





Bali Ibu-rumah
友達のお母様の家。
ここもベッドルーム以外壁はありません。
私たちは何度もここでのんびり過ごしました。
夜になると友達が集まってきて
楽しく過ごしたものです。

私たちが求めているもの・・・
またここに戻ってくるために頑張って働いていたような気がします。

サルーンビーチやプールサイド、
寺院に入るときに腰に巻くのですが
私はとにかくこのサルーンが大好きです。
バティックですが
肌触りが柔らかいのでスカーフにしたり
カーテンポールに掛けると
日差しが柔らかくなります。



私達はバリに着くと衣類を調達します。
私のサイズはバリニーズとほぼ同じなのですが、
オージー用のLLサイズが夫にはぴったりです。

私たちは日本人のいないところを捜して旅をするのですが
そのときはバリ島北部のロビナビーチというところに行きました。
そこにはオージーも日本人もいなく、イタリア人の観光客がたくさんいました。
私はビーチで行商のオバサンを捜してビキニを買うことにしました。
バリでいつも買っている超ビキニですが
イタリア人用なのかLサイズばかりです。

「Ada Medium size?」(Mサイズありますか?)
こんなに日本人のいないビーチにもかかわらず
しかもインドネシア語で話し掛けたのに
そのおばさんは変な日本語で言いました。
「コレ、カワイイ、アナタ、オシリオオキイ、ラージサイズダイジョブ」続きを読む

イカト蜥蜴
イカトとは染めた糸を
かすり織りにしたものです。
バティックよりも布が丈夫なので
敷物にも適しています。
←のイカトはトカゲ柄。
太い糸で織られています。
*モデルはボクちゃんです(^^)




イカト蛇イカトには、島によって伝統の模様があります。
行商のおじさんが
「昔の王様が使っていた」などと言って
アンティークを売りに来たりしますが
残念ながら、信憑性は・・・・・・
これは、ヘビの模様のイカトです。




イカト紺
子供部屋に簡易ソファーを作ってみました。
バリでは、1屬曚匹梁腓なクッションに
バティックやイカトをかぶせて
バンブーソファーにしています。

バティックround
こちらのテーブルクロスはラウンド型です。
おそろいのナプキンもついています。
ラウンド型もなかなか売っていないので
色柄にこだわらずお買い求め♪
冬はおこたのカバーになります。




バティックカーテン
たくさん仕入れてきたバティックで
何かを作りたいと思うのですが
もったいなくてはさみが入れられません。
それで、レースのカーテンの向こう側に
明るい色のバティックを留めています。
季節ごとにとっかえひっかえ楽しめます。
バティックとお花を眺めているだけで幸せ♪♪




バティックのれん
はさみを入れたといっても
半分に切って縫っただけののれんを作りました。
ベッドルームに掛けています。
夏はドアをあけて寝るので、のれんがいいですね。


とにかくバリのバティックが大好きです。
ろうけつのにおいが好きなのです。

バティックベッドカバー
バティックはたくさん持っていますが
このサイズのものは
なかなか見つかりません。
クイーンベッドのカバーにしています。

モデルさんは、ボクちゃんですねー♪

今日は一段と寒い一日でした。
お庭では巨大な霜柱が土を持ち上げ
1cm以上の厚さの氷がはっていました。
雪の日よりも厚い氷がはっていました。

寒いと、常夏の島が恋しくなります。
今月は結婚18周年記念月間(?)にちなんで
夫と何度も訪れたバリ島を少しご紹介します。

バティックキルト
これはBALI島のキルト
花柄がポピュラーですが
これは田舎道をくねくね走っていたときに
突然現れた小さな村で見つけました。
夫と私は「日本人のいないところへ迷い込む」
を常に心がけておりまする。

このページのトップヘ